2018年09月09日

半年に一回がせいぜい?

昔、プログを一生懸命更新していたのが信じられないぐらい更新してない。(笑)
今回は7か月ぶりだ。

この間に起こった大きな事と言えば、思いつくのはHSKの4級と5級に合格したぐらいである。

最初、中国労働ビザ取得用にHSKを取る話が会社出た時は、総務の担当者から「もういい年齢だから4級で良いです。」と言われた。
さっそく問題集を買ってやってみた所、意外と簡単に感じたので大阪まで行って合格した。

その合格証を総務に提出した所、今度は「社長から赴任まで時間があるので5級を取って欲しいと言われました。」と告げられた。
大阪までの交通費や宿泊代、もちらん試験代も自腹で、今度受ける5級の費用もだと思うと最初から5級取れと言って欲しかった。

5級の問題集を本屋で立ち読み確認した所、4級とは違って具体的にここが出ると言うものではなかった。(泣)
その月は名古屋でHSK試験が開催されるので、何もせずに受けて、足りない所を次回試験迄に補う作戦にした。

ところがである、5級も一発で合格したのである。
試験結果は、Listening 68点、Reading 79点、Writing 62点 だった。

中国に居た時は全く興味の無かったHSK。
まさか、この歳で受ける事になるとは・・・。
出来る事は出来る時にやっておくべきだと痛感した。

↓は、私が購入したHSK4級問題集へのリンクです。
https://amzn.to/2MeZ1Im
【関連する記事】
posted by 大連逃亡者 at 23:15| 大連 | Comment(0) | ぼやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月07日

懲りない国際派爺さん

最近、通うようになった床屋の爺さんは、バツ三の強者だ。日本人、フィリピン人、中国人と絵に描いたような離婚遍歴の持ち主だ。もちろん、中国人と中国には関心があり、散髪している間はいつもその辺りの会話で盛り上がった。

ある時、「店に中国人が来て困ったら、電話したいから携帯教えてくれ!」と言われ、ホイホイと教えた。

数日後、数回同じ番号から掛かってきたので折り返すと、この床屋のジジイだった。何でも、近所のコンビニで働いていた中国人女性が結婚相手を紹介してくれるが、この女性の日本語が片言なので通訳に入って欲しいそうだ。怪しさ満点で面白そうなので、行く事にした。

指定された日付の時間ぴったりにワクワクしながら店に着いたが、それらしき女性はいない。不思議な顔をしているとジジイが、「じゃあ、今から電話するから、よろしく!」と言って電話を掛け出した。どうやら、紹介する女性は既に中国へ帰ったらしい。ジジイが電話して少し喋った後、私にいきなり携帯を差し出した。「ちょっと、喋ってよ!」<何の事前説明も無しかよ〜!>と、思いながらも電話を変わり少し話をした。
相手は日本に旅行で数回来た事があり、紹介する女性と同郷だと言う。いきなり中国に行って、会ったその日に婚姻手続きするのが相手の希望だそうだ。
『出た出た、ビザ目的の偽装結婚!』と思いながらも、最後まで話を聞いてジジイに相手の言い分を説明した。その後、「これ、100%ビザ目的で、日本に来た後は水系か、風系で働いて、5年で永住取ったらバイバイパターンですよ!」と自分の意見を言った。「いや、そんな事無いだろう〜。」と、この国際派エロジジイは言い放った。こいつ、頭が腐ってる。元嫁のフィリピン人も中国人も永住取ってから離婚されてるだろう。
まあ、とにかくこのエロジジイはヤバい奴判定したので、早々に引き上げる事にした。「コーヒーでもどう?」と言われたが、丁寧にお断りして帰宅した。

しかし、考えてみれば日本国籍を持っているだけで、ジジイでも外国人嫁の方から飛び込んでくる。ある意味日本人男性は恵まれていると感心もした一日だった。
posted by 大連逃亡者 at 07:48| 大連 | Comment(0) | ぼやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする