2017年05月16日

一年ぶりの大連

IMG_2770.JPG去年に続いて、今年も5月連休を利用して大連に戻った。チケットは1月に買っており、往復で3万円しなかった。
行きも帰りも、乗客は中国人が90%以上で日本人が少ないのには驚いた。数年前迄は、いかにも小姐に会いに行くお爺さんをグループで見たものだが・・・。
おっと、いたいた。(笑)
1人だが全く中国語喋れずに身振り手振りで携帯借りて、小姐に電話するおっさんが・・・。今時貴重種!
大連空港に着くと、嫁と子供が迎えに来てくれており、そのまま派出所に住居登録に行った。
ちなみにホテルに泊まるのであれば、この住居登録はいらない。理由はホテルのコンピュータが警察のデータベースと直結しているからだ。逆に言うと、このデータベースを見れば誰が何処に泊まっているか、一目でわかる。これは外国人だけでは無く、中国人でも同じだ。つまり、かの国の人々は移動について常識的に政府機関によって監視されているのである。
派出所に着くと、「担当者がいないので、明日来てくれ。」と言われた。出た出た。中国あるある。24時間以内に登録しないと罰金1日500元(約8,500円)ルールなのに、担当者が休みだと簡単に曲げられる。
一度、私の親が旧正月に来た際に受付の警察官から「担当者は1週間いない。」と言われた事があった。「じゃあ、登録は?」と聞くと、「別にいいんじゃない?いないんだから!」と言われた。中国語が出来ない親が、出国時に登録してない事で難癖付けられると怖いので、親の日本土産を渡し、その旨を紙に書いて貰った上に派出所の印鑑まで押して貰った。実際には外国人の登記ルールなんて、あって無いようなものだが、例え気休めでもやれる事はやって置くのが、かの国で生き残る術である。
明日と言われて、嫁は怒り出した。しかし、想定内。事前にその可能性がある事も言い聞かせておいた。「明日も来るのか!外国人面倒!」と独り言を言った嫁の次に、息子が質問しだした。「何で警察来たの?」良い質問だ。「外国人だから!」と答えると、「そっか!」で終わった。まだ、それ以上は考えられないようである。
マンションに着くと、息子が「散歩に行こう!」と誘って来た。こいつのお目当ては、散歩コースにあるコンビニでの買い物だ。
散歩していると、正門のロビーに宅配ロッカーが増えているのを発見した。3年前からあるにはあったが、こんなに多くは無かった。人口が多い分、いろんな試行錯誤がある訳で、効率を上げる工夫に関しては中国から学ぶ事があるかもしれない。仕組み的には先に通常配達し、不在の場合にのみ配達員がロッカーに入れ、受け取り人の携帯宛にパスワードを送るらしい。私は日本で団地に住んでいるが、こんなサービスがあればいいと切実に思う。コンビニに荷物を取りに行くのも以外に面倒だ。
実質、3日の滞在で感じたのは去年と大して変わって無い事と、やっぱり日本が住みやすいと言う事だった。

IMG_2769.JPG
posted by 大連逃亡者 at 07:30| 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大連生活関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449926680
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック