2017年10月29日

海外で現地採用として働くって、どうだろう?

タイトル通り。(笑)
結論から言うと、高尚な目標持ってる、或いは2、3年時間を無駄に過ごせる人間で無い限りは、お勧めしない。
理由は、現地採用では絶対に安定した生活が出来ないからである。
所詮は外国人。また、1年毎に更新するビザで仕事している以上、そのタイミングでいつでも切られる都合の良い傭兵扱いだ。
今の会社には、インドネシアで十数年間現地採用として働いた人がいる。年齢は私の1つ下だ。
彼に入社理由を聞いたら、「日本採用の駐在員としてインドネシアに居られるから!」と答えてくれた。行った国こそ違えど、最後に求める物は同じだ。
お互いに、その国の言葉や文化、商習慣、人間に精通しても、それを評価してくれる会社は少ない。実際は中国語やインドネシア語が話せても、そこに進出している会社でなければ、奇人変人扱いだ。
その点、英語は潰しがきく。どうせ、現地採用で数年潰す覚悟があるなら英語圏に行くべきだと思う。
posted by 大連逃亡者 at 13:07| 大連 | Comment(0) | ぼやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

半年ぶり

半年ぶりに気が向いたので投稿。

先日、社命で上海の展示会に参加して来た。
今、中国は欧州を真似てオールEVカー政策を掲げているらしく、今後の政策内容の予想を現地社員達があれこれ討論していた。

また、展示会場内でも、某制御機器メーカーの人が「稼働している産業用ロボットが世界一多いのは中国で、まだまだ増え続ける!」とドヤ顔で言っていた。
中国工場勤務予定の自分としては、中国の景気が政策で上向くのは大歓迎だ。後はそれに乗れるかどうかである。ま、まだ赴任までに一年あるので、その間に色々なツテを増やそう。

そうそう、会社からの要求で、HSKの4級を赴任前までに取る事になった。こっちは大いに困ってる。
正直、ちゃんと勉強したのは十数年前で、それ以降は全くだ。40半ばでまた、中国語を勉強するはめになるとは思って無かった。
96F84672-569D-4A9D-8287-75917A5C07B7.jpgF67DC96E-0653-4E8C-856D-55784D4C4950.jpg
posted by 大連逃亡者 at 16:14| 大連 🌁| Comment(0) | ぼやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする